水分保持が難しい

ただでさえ空気にさらされる顔や肌の皮膚。アトピー肌はさらに乾燥により、痒み掻きむしりなどが生じてしまいますので、保湿が必要不可欠です。アトピー肌、すなわちアトピー性皮膚炎という病気の一種で、肌に炎症が起きています。肌では火事が起きている状態なのです。肌の潤いは水分の保持力に値するのですが、その水分を保持するための成分がセラミド。これが極端に少ないと、自力で水分を保持することが難しいということです。

割合的に言うとセラミドが80%、天然保湿因子が18%、皮脂が2%の構成で肌の水分は保たれているので、セラミドが極端に少ないということは、肌の乾燥が著しいということが言えます。それらは、水分の保持だけではなく、バリア機能も有し、外から肌の内部への侵入を防ぐのですが、その機能が低下すると、例えば、貴金属、布、風が皮膚に当たっただけでも痒みや、痛みが生じることになります。

また内部への侵入がたやすくなることから、異物が侵入してしまった際に、皮膚炎や赤み、痒みが増してしまい、全身が痒くなるということにもなりかねません。セラミドがない分、保湿をしっかり行う必要があるというわけです。乾燥肌の体質の方にも同じことが言えます。