アトピー肌にとってスキンケアは大事

いつまでの健康で若々しいお肌を保つには、保湿は大事です。特に秋や冬の季節の変わり目には、空気が冷たく、風も吹きます。肌は空気と直接触れる個所ですので、冷たい風にさらされた肌は、乾燥まっしぐらです。

特にアトピーや敏感肌の方は、乾燥は大敵で、常に保湿を心がけておきたいですよね。それでなくても、アトピー体質は保湿必須です。アトピー肌が水分が不足していて、肌が火照っていてこ常に乾燥している状態なのです。ただでさえ乾燥しがちな肌ですが、アトピーの場合には、肌に必要なセラミドという成分が失われて、健康な肌よりもかなり少ない状態なのです。

セラミドが水分の保持をしているのですが、その成分が少ないとなると、体内の水分の量もなかなか保たれず、吸収されてしまいお肌が乾燥してしまいます。乾燥することで、皮膚が粉を拭いたり、皮が捲れたり、痒みが生じたり、掻き毟ってまた乾燥したりと放っておいては、お肌にとって悪循環になります。それを防ぐためにも、保湿は必要不可欠で、外からも内からも保湿して、乾燥から肌を守り、そして潤いのある肌を取り戻しましょう。

乾燥肌は張りを失い、実年齢より老けを感じさせます、また吹き出物や擦り傷の治りも悪くなりますので、美容、医学どちらの面からも大敵と言えます。肌の保湿は毎日することが肝心です。慣れるまでは面倒に感じてしまう人もいるでしょうけれど、日々のスキンケアの一部だと思ってこまめに保湿をしていきましょうね。